スポンサードリンク

熱射病について

熱射病とは

熱射病は、視床下部の温熱中枢まで障害されたときに、体温調節機能が失われることにより生じるものです。
熱によって引き起こされる最も重い障害とされています。
体温が40℃を超え、脳障害の症状がみられるという2つの特徴により、熱射病は他の高温による障害と区別されます。
熱射病は、極度の高温環境や、閉め切った暑い場所で作業している人などに起こります。
例えば、暑い季節に冷房のない部屋に長時間いた場合にも熱射病になることがあります。
熱射病は高齢者など、猛暑の時期に換気が不十分な部屋にじっとしている人に多く起こります。
年少の小児も熱射病になりやすく、注意が必要です。
また、熱射病は夏季以外でも起こりますので注意してください。
熱射病は心臓、肺、腎臓、肝臓、脳などの重要な器官に一時的に、あるいは回復不能な損傷を与えます。
体温が上昇するにつれて臓器が損傷を受け、特に41℃を超えると急速に障害が進みます。
熱射病から死に至ることもあります。

熱射病について

熱射病の症状

熱射病は数時間から数日かけて徐々に進行することもありますが、急速に発症することもあります。
めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、眼のかすみ、筋肉痛、吐き気と嘔吐などが特に注意すべき症状です。
熱射病の場合、皮膚は熱く赤くなり乾燥します。
多くの場合、汗が出ません。
錯乱したり、見当識障害がみられたり、けいれん発作が起きたり、昏睡状態に陥ることもあります。
心拍数や呼吸数は上昇し、脈拍は速くなりますが、血圧は高いことも低いこともあります。
体温は40℃を超え、普通の体温計では測れないほどの高熱になることもあります。
熱射病は死亡率が高く非常に危険なので、言動がどうもおかしいなどといった意識障害がみられる場合には、すぐ救急車を呼ぶべきとされています。

熱射病について

熱射病の予防

熱射病にならないための予防としては運動前に内臓の負担にならない程度に出来るだけ多くの水分を取る、発汗によって失った水分と塩分の補給をこまめに行う、スポーツドリンクなど塩分と糖分を飲みやすく配合した飲み物も良い、睡眠を十分に取る、十分に休憩を取りながら作業するなどです。
体感温度を下げる方法としては日射を防ぐ、通風を確保する、扇風機の風を作業場所へ向ける、スポット冷房する、作業服の内部へ送風する(そのような機能を持った作業服を着用する)、蓄冷剤を利用する、水の気化熱を利用して体温を下げるなどの工夫を行うのが良いでしょう。
炎天下や高温の部屋で作業する場合、一人では発見が遅れることになりかねないので、複数で作業するようにしましょう。

熱射病について

熱射病の治療

熱射病の治療では、まず体を冷やします。
病院への搬送の間も、ぬらした寝具や衣類で体を包んだり、水の入った浴槽に漬からせたり、氷で冷やします。
病院では衣服を脱がせ、皮膚を水や氷で冷やして体温を下げます。
蒸発と冷却の速度を上げるために扇風機で風を当てる場合もあります。
こまめに体温を測り、常に経過を観察します。
静脈から冷たい輸液を投与することもあります。冷やしすぎに注意し、体温が約39℃まで下がったところで冷やすのをやめます。
けいれん発作や昏睡があれば、その治療も必要です。
熱射病への最良の対応は、病院の集中治療室で治療することです。
回復後も何週間にもわたって、体温が異常に変動することがあります。
脳の損傷が完全に回復せずに、人格変化、運動障害、協調運動不全が残ることもあります。

熱射病について

熱射病になってしまったら

熱射病は、熱中症の中でも重症の型です。
熱射病は熱が上がりすぎて体温の調整ができなくなり、意識不明になることもあり、これが一番危ないです。
熱痙攣や熱疲労の予防法が熱射病の予防法でもあります。
また、熱痙攣・熱疲労が見られたときには、放置しないで、木陰など涼しい場所に横になる、スポーツドリンクなどを飲む、濡れタオルなどで頭や首筋を冷やす、ベルトを緩めるなど早急に対応することが大切です。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。